RESENSE(リセンス)|リノベーション・DIYアイテムの通販サイト

2019.5.27
ベッドルームとリビングスペース

1Rや1Kに住んでいる人にとって、ベッドルームとリビングスペースを仕切って
部屋を使うというのは、憧れることの1つですよね・・・

でも、上手に間仕切りしないと部屋のレイアウトが崩れてしまったり、
インテリアコーディネートが上手にできなかったりということも。。。


●ワンルームや1Kを間仕切りで





ベッドを置いた眠るスペースも、ソファやテーブルなどを置いた生活空間も
一続きになっている1Rや1K。
できることなら2つの空間を分けて使いたいと思うものですよね!

特に来客時などにはベッドの存在感が気になるもの。
今回は、実際にリビングスペースとベッドルームが分かれて見えるようなインテリアレイアウトを
している実例をご紹介☝


●棚をベッド側面に・・・




まず始めにご紹介するのは、棚を仕切りにしている実例です。
こちらではベッドの側面にオープンシェルフを置いて、ソファからベッドが丸見えに
ならないようにレイアウトして工夫!
枕元に棚を置くことで、寝ているときにソファが目に入らないというメリットがありますね☝





こちらは壁面と同じホワイトの棚を枕元において使用!
周囲と同じカラーを使うことで、作り付けのパーテーションのような雰囲気に!!





こちらは枠が細いオープンラックを使用した間仕切り。
オープンなので部屋に開放感を与えながら、目隠しとしての役割も果たしてくれす☝


●棚をベッドの足元に





こちらはベッドの足元に棚を置いて空間を仕切っている実例です。
足元に棚を置くことで、ベッドにいるときに閉塞感がないレイアウトを作ることができます。


いかがでしたでしょうか?
RESENSEでは様々なインテリアアイテムはもちろん、お部屋の使い方などもコラムにて ご紹介しておりますす♪
この機会にぜひチェックを〜



  • 【Brooklyn】ブルックリンスタイルの商品はこちら
  • 【california】西海岸風の商品はこちら
  • 【French Country】フレンチカントリーの商品はこちら
リノベーションでもっとオシャレな空間を